一般社団法人 北海道育児支援協会 仕事をするママのお手伝い、札幌市の病児保育はHoicle(ほいくる)

  • Hoicle ほいくる
  • お問合せ
受付 AM8:30〜 / お問合せ AM9:00〜
011-311-4743
お問い合わせ

一般社団法人 北海道育児支援協会 仕事をするママのお手伝い、
札幌市の病児保育はHoicle(ほいくる)

16.07.29

続 就労支援について

北海道育児支援協会、副理事長の神野です。

先日もお話しした通り、私個人の強い思いでもある就労支援に乗り出します。

実は私たちHoicleには、就職につくために会員のご登録いただくケースが本当に多いんです。

やはりママさんの社会復帰には幾つもの壁があるんですね。

キャリア

面接に行った企業様の人事ご担当者様から99%聞かれるという質問。

「お子さんが熱が出た時どうされるお考えですか?」という質問

小さい子どもがいても、 働けるから面接に行くのに 「子どもが小さいから」 と言う理由で断られるのは納得いきませんよね。

そんな質問があった場合は、どうぞ胸を張って「Hoicleの病児保育を使います」とお伝えください。

現在、私たちはHoicleの認知度を上げるために札幌市内の企業様に対し、病児保育のご説明や福利厚生で病児保育を備えていただけるように働きかけています。

また、出産後に早めに仕事復帰する女性が大変増えてきています。

でも共働きとなるため働いている間、子どもを預けられる場所が当然必要になりますが、現在まず先に復職しないと保育園に入れないという矛盾が現在でもあるのですよね。

今回、そんな時に仕事をしながら一時的にお子さんを預かることができる仕組みもある企業様のご協力で実現しそうです!

この会社さんのことは別途記事をあげますので楽しみにしていてください。

他にも会員さんからこんなお声もありました。

・就学児童さんも夏休みのような長期休暇だけ気軽に預けられるようなサービスを増やしてほしい。

・母親の求職活動中や職業訓練中は 託児所やベビーシッターの料金が割引になればいいと思います。

・低賃金でも短期間の仕事でもお預けが可能な子どもを預ける場所がもっとほしいです。

キャリア2

本当にやらなきゃいけない事は山積みですが、一つ一つ必ず実現させますからもう少し時間をくださいね!

活動一覧へ戻る